月額4500円~家族でレッスンをシェア分け合えるオンライン英会話まとめ

学研オンライン英会話クラウティ.JPG


中学3年の秋ごろまでの数年間、家族でレッスンを分け合えるスカイプ英会話をしていました。
その会社が閉鎖されたので、次を探さずに放置していましたが、学ぶ機会を減らすのは良くないので、改めて探します。


【わが家がオンライン英会話に求めるのは.....】
・高校生二人が主に利用し、二人が別々に契約するよりも安い
・二人が多忙や不在で利用できない場合、家族がレッスンを受けられる
・最大4人でレッスンをシェアできれば面白いが、3人でもOK、2人シェアでも妥協
・レッスン単価は500円以下 月額8000円程度まで




学研のオンライン英会話『クラウティ』14回も無料体験!




”最大14回無料体験レッスン” はちょっと申し訳ないくらい好条件。知名度が低い今の特別キャンペーンかな??

無料体験をして、高校生の娘が利用を開始しました!

フィリピン人の先生です。
1日1レッスン受けられて月々4,500円...  は安いです。

わが家のニーズ的に、費用もシェアできる人数も◎!もうココで決まりです!





●テキストは画面上に表示されます
●ブラウザーの会員ページでネット通話するので、スカイプは不要です
●テキストの例題に日本語訳が付いています。良いような、悪いような、、です
●レッスンはすべて英語でも、目から日本語説明が入るので難易度が下がります
●先生は大勢いるので、予約が入らなくて困る事はないです
●予約は翌日の分までしか入れられません
●現地の祝日などは休みになり、数日間連続で休講になる事があります
●休講日があっても、レッスンの補填はありません
●生徒都合でレッスンが受けられなくても、補填してもらうシステムは無し

旅行などで長期間レッスンが受けられない時は??
■支払いの自動更新停止(休会)が可能
マイページ右上のメニューより「プラン変更・お支払い」にすすむと、手続きが可能です


リップルキッズパーク



リップルキッズパークシェア.JPG

回数が多いプランほど割安なので、兄弟で受講したい家族にはお得!



リップルキッズパーク では3歳~高校生が入会推奨年齢となっています
・「ご家族共有アカウント制度」を導入し、ご兄弟やご両親もご一緒に受講できます
・月謝は一人分でレッスンをご家族で分け合うことができます
・リップルのレッスン回数は全て「週」を基準に考えます。週とは月曜~日曜をさします
・同じ日に複数回のレッスンのが可能
・受講できなかった回数を翌週に持ち越せません
・事前に【お休み申請】をすれば、年8週まで、有効期限45日のレッスンチケットで補填してもらえます






English Power 25回5000円



ENGLISHPower.JPG

English Power http://www.englishpower.sakura.ne.jp/main/
・25レッスン/月 5,000円 (200円/1レッスン)
・12レッスン/月 3,000円 (250円/1レッスン)
・1日 最大6回レッスンOK
・1日 同じ講師で最大2回レッスン
・家族の方であれば、同じユーザー名でレッスンを受講できます
・親子でポイントが共有できます


価格設定が安く、家族でシェアできるオンライン英会話の老舗的存在です。
子供向けではない感じなので、今まで利用していませんでしたが、今後はわが家も使えそうな感じです。




ネイティブキャンプは沢山受講したい人向け


家族でレッスンをシェアするのとは少し違いますが、ネイティブキャンプ はファミリープランが利用できます。

ネイティブキャンプ は受講回数制限がない、レッスン取り放題のサービスで、月額5,950円でレッスンが24時間受け放題! です。

利用者の家族なら月額1,980円で受講し放題なので、とにかく沢山レッスンを受けたい個人や家族には一番お得なサービスです!!




▼ネイティブキャンプの詳細は別記事で▼





マイクとカメラは必須です


カメラもマイクも内蔵されているパソコンが多いので、外付けのカメラやマイクは無しでもレッスンはできます。
相手に生活音が伝わりにくいので、口元のマイクがあれば会話をしやすいです。
同様に、ヘッドフォンを使う方が相手の音声に集中できます。



PCの内蔵カメラが不調になりました。付属デバイスとして認識しなくなり、音声を相手に送れなくなりました。
再認識させてしばらくは使っていましたが、レッスンに支障が出たので外付けカメラを購入しました。
このカメラにはマイクも付いているので、ヘッドフォンマイク無しでも、会話はできます。
(英会話レッスンには、外付けカメラもヘッドフォンマイクも使っています。)



この記事へのコメント

忍者アナライズ