体験型ギフト券個室スパ&エステチケットの様なモノを贈り物にしたくて探した色々『TANPについて詳細』

年末年始に家族と会う時に渡すお祝いのギフトと、一方的にお年玉を貰う親戚に渡すギフトを探しています。
女性向けプレゼントを2個考える中で、体験型ギフト(券)にする事に決めました。
季節柄、クリスマスギフトにも使えますし。 商品は、相手への直送もできます。

ギフトカタログと言えば、リンベル(Ring Bell)やハーモニックが有名なので、探してみました。
ハーモニックは、エステやスパの体験型に特化したカタログギフトは無い様です。


リンベルカタログはホテル内のSPAエステ限定



最初に見つけたのは、リンベルRING BELLのカタログギフト。
ホテル内のSPA限定なのがいいなぁと思いました。
価格はどこで買っても基本的には割引がありませんので、送料が無料かどうかは差が出る部分です。
リンベルのホテルスパのカタログは2種類あります。





送料無料 1万円以上で使える値引きクーポン 5%還元あり


楽天市場のストアCONCENT (コンセント)なら、3,000円台商品でも単品を送料無料で送って貰えます。

・今なら、購入金額に応じて200円から600円の割引クーポンが使えます。
CONCENT (コンセント)は、キャッシュレスで5%還元のお店です。
・お店が在庫を持っているので、発送が速いのも今の時期には重要です!

・ホテル内のスパ限定なのはこのリンベルの2種類にのカタログです。予算で使い分けられるのが良いです。


急いで購入したい場合、リンベルのカタログは百貨店で購入できる可能性があります。
売っている場所は、百貨店の上の方の階にある贈答品を売っているフロア。
三越のカタログギフトを売るコーナーでリンベルのスパカタログが展示されていました。
松坂屋の郊外店舗にはありませんでした。

どうせ定価なら、百貨店の包装紙で贈りたいという発想も当然あります。リンベルカタログなら百貨店でも購入可能なアイテムです。


TANPタンプなら多数の体験型ギフトが探せます


色々と探す中で見つけたのが、SOW EXPERIENCEの個室スパ&エステチケットというカタログギフトです。

SOW EXPERIENCEの商品は、ホテル限定ではなくホテルも含む『厳選されたサロンでのエステ体験を贈れるギフトチケット』です。

SOW EXPERIENCEのサイトで購入すると、定価+送料なので、他で探すことにしました。

贈りたいギフトが見つかるTANP というサイトがあります。利用したことはありませんが、クレジットカードが使えますし、広告も多数出ますので購入先としては安心して利用できると思いました。


TANP.JPG


リンベルのホテルの個室スパよりも少し安い予算で購入できます。

今なら、500円引きのクーポンが貰えます!が!!!使える商品が限定されているクーポンがほとんどです。
今回の個室スパ利用券の購入にも、クーポンは利用できませんでした。残念。


急ぎのギフトの場合、種類によってはメールやSNSを通じてギフトが贈れます。【TANP】



TANPを使って分かった良い点・悪い点



【良い点・お勧め】

『個室スパ&エステチケット』利用券をギフトとして購入したい場合、
【TANP】の体験型ギフト券『個室スパ&エステチケット』利用券はショップが在庫を持っているので、発送がスムーズで1週間以内に受け取れます。
最速は当日発送も可能で、少額の手数料を払えば当日支払いが可能です。

手渡し出来ない相手でも、メールやSNSでやりとりして、受け取り相手にURL上で住所を入力して方法も利用できます。


購入金額の2%~4%程度のポイントが貰え、次回の買い物に利用できます。
2個以上の送料無料商品を注文する場合、2回に分けて注文すれば、最初の注文分のポイントも直ぐに利用できます。


【良くない点・しっかり調べて注文して!】

新規利用者が貰える500円クーポンがせっかくあるから、と思って喜んだけれど、使える商品が限定されています。
在庫が残っていると思われる、季節性の、消費期限がある商品にしか使えません。
今回2個購入した、『個室スパ&エステチケット』など、販売時に利用期限を書き込んで売るような品には使えません。

ギフト商品によっては、別の会社から個別に発送されます。配送の見込み日程がどのように書かれているか要注意!
包装して送るだけの商品でしたが、注文から7日後の配達日には、結局のところ配達されませんでした。
包装をしないという選択肢がない商品があります。有料包装(300円)が必須だったので、500円クーポンのありがたみはありませんでした。

注文する品を見誤らなければ、【TANP】はお勧めのギフトショップです。





この記事へのコメント

忍者アナライズ