近所の眼科でコンタクトレンズを購入したらネットの2倍以上高かった話

ボシュロムメダリストプラス.jpg


ボシュロムの二週間装用コンタクトレンズ『メダリストプラス』を使っています。
ネットで購入したら、1箱1300円程度なのに、眼科のひっつきコンタクト店では、3520円/箱でした。
高い事を承知で、診察料が無料の息子が一緒だったので、近所の眼科で初めてコンタクトを購入した時の経験談です。
検査&診察料は別に1,450円でした。





先月メガネを作ったら、20年間も変化がなかった近視が悪化していると指摘を受けました。
コンタクトレンズを調整して貰う為に、以前に利用して記事にしたと同様にアイシティコンタクトへ行くなり、他のコンタクトレンズ屋へ行くのが経済的な事はわかっています。が、
今回は息子もコンタクトを使い始める事を検討中です。
何度か通う事を考えたら家から近いのが楽です。
レンズ代はアイシティコンタクトよりは高い事を承知の上で、私も近所の眼科へ行きました。



行ったのは一般の眼科



子供たちは何度も診察を受けている、普通の眼科の一角にヨ★ス(←クーポンあり)
というコンタクト屋が入っていて、多くの中学生クラスメイトの御用達です。
メガネを作ったら視力の悪化を指摘されたので、コンタクトレンズの調整をして欲しいと眼科の受け付けで言いました。すると最初に言われたことは、『処方箋の発行はしていませんので、ここで購入まで宜しいですか?』

即ち、検査をしてもらってから、やっぱり買いませんとは言わせないよ、という口上です。
自分が使っているボシュロムのレンズを取り扱っている事はその場で確認しました。
私が普段ネットで購入している価格の2倍~最大3倍だと予想を立て、購入を了承しました。
息子の診察や検眼に付き合う時間に、自分の検眼と購入も出来るので、高くても我慢する事にしました。まぁ、最初から処方箋は発行しないと言い切るあたり、何度もお客(患者)と揉めているのだろうと感じました。

ついでながら、息子も一緒に他の安い店に行かないのは、義務教育年齢までは医療費が不要な事です。
近くの眼科で調整して貰うのが、通院も楽です。コンタクトレンズ初心者の場合、何度か練習に行く場合が多いです。また、選んだレンズが合わないなどのゴタゴタが続くことも予想しました。(実際何度も行きました。)





普通に感じよく丁寧だけど在庫が無いとは!



検眼をして、2段階強いレンズにする事を提案されつつも、今の弱い矯正だから近くを見るのに不自由がない可能性があると言われました。
屋内でテニスをするのに見えにくいと感じる時があるので、しっかり矯正したいと希望しました。
また、ソフトコンタクトレンズは消耗品なので、合わなければ元に戻せばいいと考え、2段階度数を上げる事に決めました。

ただ、今となっても腹立たしいのは、提案された度数(-5.50)のレンズの在庫がないからと、-5.00のレンズを入れて上からレンズを足してのフィッティングでした。

眼鏡師の方は、テストレンズの在庫が無いという会話中には、在庫が無いから購入しなくてもいいと言っていました。
『他で買う方が安いですしね。』とまで言っていました。

ところが、息子の診察待ちの間に、受付で購入を約束しているから購入でいいですか?とわざわざ言いに来られました。こちらも最初に購入を承知していますし、テストレンズを貰っているので、購入しますよと返答しましたが!!
帰りの受付で受け取りは3日後になりますと言われ、えぇ??という感じでした。
薬の卸の配達の様に、翌日に届くようなルートがある訳ではなく、3日後なんて普通対応の宅配でしょう。
また、年末の自分の不在で、結局受け取れるのは10日後なのに、3倍割高な価格で購入する羽目になりました。
とっさに反応できたのは、両目の分の2箱の注文ではなくて、視力が変わった右目の分だけでいいですと言うのがやっとでした。



メダリストプラスを私はいつもネットで1箱1500円以下で購入しています。ネット注文でも、普通は数日で受け取れます。
その眼科でのお値段は3,520円でした。
私は眼科に支払ったのか、ヨ★スに支払ったのか領収書も発行せず、クレジットカードも使えず、支払い済みと書かれた紙切れだけ渡されました。何だか変。

本当は視力に合うテストレンズが無いと言われた時点で、中止するべきだったと思いました。
コンタクトの上からレンズを足しての検眼でしたので、テストレンズを先に使う意味がありません。
通常は実際にテストレンズを数日でも使用して、不都合を感じたら購入品を開封する前に、以前の度のレンズにに交換して貰えるでしょう。
今回は強く矯正したレンズが本当に合うかどうかは、購入品を開封して装用してみないとわかりません。
3倍以上の価格でコンタクトを買った上に、合わないかもしれないリスクまである事に気づき、いったい何をしているんだと思いました。



なんでこんな不都合な事になってしまったのか




コンタクトレンズ利用歴30年以上の私が、なぜ今回こんな不都合な事になってしまったのか!?
原因の一つは、レンズの銘柄を自分が指定して、他を試す気が無い客だという事です。
利用者の多くは、コンタクトレンズのネット価格など知らず、眼科でしかコンタクトレンズを買えないと信じています。

自分で銘柄指定をしなかったら、店が売りたい商品(高額な商品の事が多い!)のフィッティングを勝手にやっています。店が勧める商品を黙って選べば、その商品の在庫は多分あります。

私は、ボシュロムのメダリストプラスが気に入っています。入れやすい、外しやすいなど扱いやすくて装用感も悪くない事。ボシュロムのレンズは処方箋無しでネットで買えます。
今回新たなレンズの度を決めて、眼科医の検診を受けたので、しばらくはまたネットで買うつもりですから。



定期的な検診は受けた方がいい 処方箋必要!?




自分でメーカーやブランドを指定しない場合、売りたいメーカーの品やブランドを勧められます。
利用を続けるにあたり、定期的に目の検診を受けた方がいいのは当然なのですが、ネットでの購入にあたって処方箋が必要なメーカーと無しで買えるメーカーがあります。
店が売りたいのは、処方箋が無いとネット購入できない商品です。他には、眼科専売品?と思われる品です。
これらの商品を使い始めると、ネットで処方箋無しに簡単に買える商品があっても、自分の利用している品は買えないので、眼科に行って高い品を買う事になります。


息子が使うレンズに関しては、私は銘柄を言わずに、メーカー(ボシュロム)だけ指定したら、ボシュロムのBio TrueというワンデーやメニコンのMagicという銘柄を息子にテストしていました。
どちらも医療機関向けブランドなのか??ネットではとても入手しにくいシリーズです。
ネットで入手しやすいレンズを使いたいと思っているなら、マイナーで割高な物を選んでしまわない様に気をつけましょう!!
価格とは関係なく、快適で扱いやすい自分向きのレンズはあります。

以前はネットで処方箋無しで購入できた、クーパービジョンのワンデーアクエアエボリューションも、現在では処方箋が必須になりました。
レンズを選ぶ最初から、ネットで処方箋無しに購入できる商品を選ぶことが必要です。




診察と検査の代金



初・再診料 282点
検査    200点
3割負担で 1,450円 

以前アイシティコンタクトと提携の眼科に以前に行った時には、この上処方料やヒアレイイン(目薬)まで追加されましたが、今回の眼科の請求は変な物をくっつけられた感はありません。

検査費用を抑えたいなら、コンタクトレンズ屋が眼科医を連れてきている店でコンタクトレンズを購入すれば安いそうです。妹は検査費用はいつも300円程度で、検査を受けたらコンタクトレンズも値引きがあるのでトータルで安くなると言っていました。
但し、目の検査の内容はどうかなぁ~とは言っていました。



子供医療受給者証を持っている場合処方箋料など




中学校卒業までの間、医療費が無料です。
メガネやコンタクトレンズにかかわる検査も全部無料だとは、知りませんでした。
コンタクトレンズのフィッティングも、その後の医師の診察も費用負担はありません。

娘の視力が悪化して、眼鏡を購入しました。
同じ眼科へ行き、メガネ屋さんで眼鏡を作るために処方箋を書いてもらいました。処方箋の代金も不要でした。

以前夫が眼科の眼鏡師の方が丁寧で上手に?検眼してくれるかもしれないと期待して、同じ眼科で処方箋を書いてもらった時は、確か4千円と言っていたので警戒しましたが、子供の処方箋は無料でした。

初めてのメガネで、しかも娘は左右の視力がかなり違うので、色々さじ加減が必要でした。
しばらく眼科の眼鏡をかけたまま、気持ちが悪くならないか様子を見る(本を読んだりテレビを見たり)時間もあったので、ディスカウント眼鏡屋さんよりはそういう部分は時間をかけてくれました。

だけど、眼鏡を作るのは『赤札堂』でいいです。娘の眼鏡2,700円ですから。


>>ボシュロムメダリストプラス 2箱セット /最安挑戦中!



一番売りたいのはメルスプラン




近所の眼科のコンタクトレンズ屋さんは、コンタクトを使えないかもしれないお客に、無理やり勧めたり買わせたりすることは全くありません。むしろ、目が小さくて入れにくい我が家の息子の場合、簡単には売ってくれない雰囲気でした。

逆にコンタクトレンズに適性がありそうなお客の場合、店が一番売りたいのはメニコンの『メルスプラン』という毎月定額を払ってレンズを購入するプランです。
http://www.menicon.co.jp/mels/price/


親がコンタクトレンズに馴染みがなくて、お金も惜しまないお客だと思われたら、一番高いワンデーを勧められると思います。
そりゃ、洗浄の必要なく、衛生的な事は間違いがないです。
私は自分が長期間、毎日洗浄が必要なレンズを使ってきたので、そんな1分以下の事もやりたくないなら、コンタクトレンズなんて使えないよ!って思っているので、継続して使うならば2週間レンズを使わせます。

メルスプランは、2週間装用レンズなどを選べばワンデーを使うよりはかなり価格が下がりますが、毎日使うとしても、経済的な方法ではありません。
時々、お得だと思って契約している人がいますので、良く理解して契約しましょう!
1年間利用する縛りもあるので、ご注意。




処方箋不要でネットで購入できるボシュロム




コンタクトレンズの価格は、コンタクトレンズへの適性を見極めたり、装着練習についきあう必要がないネット販売価格は、かなり値引きされています。

ボシュロムは、通販で購入の際に処方箋を求められることがないので、利用しやすいメーカーです。
検診には時々行く必要があるのは当然ですが、安いのは有難いです。

楽天市場のビジョンスタイルは
、販売価格が安くて購入金額 3,240円(税込)以上は送料無料 なので、数あるショップの中でもお得に購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メダリストプラス( メダリスト コンタクト 2week )
価格:1330円(税込、送料別) (2017/1/19時点)







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

忍者アナライズ