デュアルSIMデュアルスタンバイ「Moto G4 Plus」「エイスース ASUS ZenFone Zoom S」ソフトバンクのガラケー銀SIM+データSIMで使う



2016年の10月に、
Moto G4 Plus』を購入しました。

同時に、長年の懸案事項だった、私の『脱キャリアメール』を実行しました。


2018年の9月にエイスースASUS ZenFone Zoom S』を購入。
会社のiphoneと自分のスマホ両方をポケットに入れるのは嫌だ!と頑張っていた夫の、超長期の懸案事項だった「脱ガラケー」を実行しました。


※2016年10月に記述の元記事を、2018年9月に書き直しをしています。



DSDS エイスース ASUS ZenFone Zoom S は前年モデルで格安



DSDS エイスース ASUS ZenFone Zoom S



●『エイスース ASUS ZenFone Zoom S』をアマゾンで購入しました

・大容量5,000mAhバッテリーですが端末は170gなので重くはありません
・内蔵ストレージ 64GB  
・メインメモリ 4GB
・nanoSIMカード(SIM2)とmicroSDカードは排他利用となり、同時に使用不可
・SIM2枚を入れるとSDカードが使えなくても私は不都合はありません
・SDカードのファイルフォルダーを使いこなせず、ヤヤコシイ(Moto G4plusでの経験)






2016年当時珍しかったDSDS機種 Moto G4plus



moto-g4plus2.jpg

御覧の様に、印字付きフィルムが貼ってあります。付けたままでとりあえず使うことができません。


moto-g4plus4.jpg

マイク付きイヤホン・ターボ電源(ターボな為かゴツイです)


moto-g4plus3.jpg

充電されていましたので、直ぐに使えます


moto-g4plus5.jpg

●柔らかい蓋なので、外しやすいです
●本体が大きくて嫌な方もいるでしょうが、私は丁度よく、小さすぎなくて良いです
●SIM2(上)にソフトバンクガラケーSIM、SIM1に4GのBIGLOBE SMS付SIMを入れます
●ソフトバンクのガラケーのSIMは標準SIM(銀SIM)なので、これからMicroSIMサイズに切ります
●持っているSIMがnanoSIMなら、付属のトレーでMicroSIMサイズ変換して使えます


本体以外に買った物;SIMカッター他





ソフトバンクのガラケーのSIMが大きい標準SIMだと忘れていました。
カッターナイフで切る方もいるみたいですが、私には無理。注文しました。


銀シムをこれからカットしますが、失敗したらと思うとドキドキします。


購入したSIMカッターは、
標準SIM⇒microSIMサイズに切れます 
標準SIMから⇒nanoSIMサイズにに切れます

microSIM⇒nanoSIMに切るときは、付属のトレーに挟んでから切ります







●通話SIMを同時に契約するなら、Biglobeの端末とSIMのセットが、1200円/月×6か月割引を受けられるのでお得です!
家族で使えば家計が助かる♪【BIGLOBE SIM】


ライトSプラン(通信容量6GB)を親シムにして、シェアSIMを2枚利用できます。

データー通信のみの親シムは、1450円。シェアSIM(データ)は200円、シェアSIM(SMS)は300円です

※BIGLOBEの接続サービスを使っていれば、親シムは200円引きです
※料金はすべて月額です







緊張のSIMカット



SIMカッター3.jpg

アマゾンで購入したSim/Micro/Nano 両方対応SIMカッター は、しっかりとした作りで、切れ味良くて使いやすかったです。


MicroSIMに切る場合は、まず失敗せずに切れるだろうとネット情報は読んでいましたが、心配でした。
古いプリペイドSIMを持っていたので、練習に切ってみました。

SIMカッター4.jpg
金色の部分のギリギリを綺麗にカットできました。
切った枠に入れて形を整え携帯電話に戻したら、使えました。
※通信できないSIMですが、携帯をタイマー代わりに使うにはこのSIMが必要です。

いよいよソフトバンクのガラケー(3G)のSIMのカットです。
プリペイドのSIMと違い、金色部分が一方にズレていて不良品かと慌てましたが、夫のSIMを見ても同じように、ズレています。

SIMカッター5.jpg
思い切ってガチャンとカットしました・・・って実際には何時間もウジウジ放置してました。
金色の一部が枠側に切り落とされたマイクロSIMが出来上がりました。これでOKなのか??

幸いな事に認識され、利用をスタートしました!


・2018年9月に、マイクロSIMサイズにカットして使っていたSIMをnanoSIMに再カットしました
今回は枠がちぎれてしまうようなカットでしたが、成功!
・夫のスマホ用に、標準SIMからnanoSIMに(直接)カットしました 成功!



SIMカッターには若干の遊びがあるので、正確な位置が出るのか実行するまでは正直毎回ドキドキです。
標準SIMやマイクロSIMの大きさに合わせてカットした、厚紙や透明のファイルを試し切りして位置を確めると、ズレれている気がして、何度も試し切りしました。
カットする時は、カットの瞬間にズレて失敗しない様に、軽く左の指で固定しながらガチャンとやります

夫のSB契約は縛りがないので、もしカットに失敗したらソフトバンクにはサヨナラするつもりで作業しました。
勝手にカットしたSIMをSBに持ち込んで再発行してもらう気はありませんので、万一の場合はMNPで引っ越します。
MNPで他社に移る際には、古いSIMの返却はまず必要ない様ですし、返せと言われたら、枠と壊れたSIMを返却します。





SMSはソフトバンクの番号で使います



ソフトバンクの電話番号でSMSを使うように設定しました。
(2枚のSIM共にSMSが使える場合、優先的に使うSIMを自分で指定できます。)

「WEB使用料」の契約は「157」に電話をして解約します。
解約するとキャリアメールが使えなくなりますが、意図せずソフトバンクのSIMでデータ通信する心配がありません。

「Moto G4 Plus」で最初に設定した時、S!ベーシック(旧名称)の契約は解除していませんでした。
ソフトバンクのSIMを使って、スマホのアプリが勝手に通信する心配は、半日銀SIMを入れた感じ無さそうでした。
ただ、ソフトバンクのSIMでデータ通信してしまうと、パケット代の請求がとんでもない金額になります。
S!ベーシック(旧名称)「WEB使用料」は解除して、キャリアメールを捨てるのが一番安心です。
300円/月の支払いが不要になります。


Moto G4 PlusやASUS ZenFone Zoom SなどのSIMフリースマホDSDSはお勧めです。
ガラケーの980円とデータSIM代だけでスマホが持てますから。
●私の場合、月額1750円の通信費でスマホとタブレットの利用をスタートしました。
私一人分の通話SIM(ソフトバンク)+データSIM(Bigloge)の合計は1563円でした。
家族で使えば家計が助かる♪【BIGLOBE SIM】

シェアシムでもう1枚SIM発行して、タブレットに入れ、必要に応じて子供たちが使っていました

●18年現在は、子供二人がスマホを使うようになり、イオンSIMに家族3人が収まりました


●海外で使う場合も便利です
海外用のモバイルルーターのレンタルよりも、その国で使えるSIMを買って自分のスマホに挿して使う方が圧倒的に低コストです
海外SIMはアマゾンで買えます




ソフトバンクのサポートセンター『157』は繋がらない



「WEB使用料」S!ベーシックパックを解除するには、携帯から『157』に電話する必要があります。
受付時間:午前9時から午後8時まで

朝の開始時間が遅く、昼間は混雑で待ち時間10分とかのアナウンスが流れるので、覚悟して電話しましょう!
【すんなりサポセンに繋がるコツ】
8時57分頃から携帯電話で電話をかけ始めます。
自動応答で情報入力をさせ続けられるので、そうこうしているうちに9時になります。
プッシュ操作の時間以外、待ち時間無しで担当者と話せました。
S!ベーシックパック「WEB使用料」の利用料は、日割りです。


電話の通話代節約には楽天でんわ



カケホーダイなどが必要な程、スマホから電話はしませんが、電話代を節約はしたいです。

楽天でんわを使うと、30秒10円なので、ソフトバンクで普通に掛ける場合の半額です。


>>楽天でんわはガラケーからでも使えます! ⇒詳しくはココ


端末の環境設定と後日談







格安SIM利用会社の利用変遷



ソフトバンクの通話シムのお供のデータシムは、自分と家族の都合で何度か変更しました。

●最初はBIGLOBE SIM

自宅のネット回線がBiglobeなので、割引がありります
・家族で複数のSIMを使うシェアSIMも安いです
・Moto G4plusが発売された時、端末セットを追加申し込みすると特典があると勘違いして、端末を分割しました
・シェアSIM追加分、毎月300円×1年値引くキャンペーンも時々やっています

●次にはOCNモバイルoneを利用しました
HUAWEI nova lite 2
が使いたければ、音声SIMとセットで端末が激安!
・スマホに不慣れな娘が使っていますが、変な動作をしない使いやすい端末らしいです
・6か月以上の利用で、音声SIMでもペナルティ無しに退会できます
・メールウィルスチェックサービス利用料と迷惑メールブロックサービスが
 選択した覚えなく追加されて、400円余分に払っていました
 契約後は必ずログインして、サービスの解約をしましょう!
・基本料1,100円+音声SIM700円=1,900円は、他社よりもかなり高いです
・容量シェア追加データSIMも1枚400円ですので高いです

●イオンモバイルに再度引っ越し
・音声SIM1枚とデータSIMの合計2枚の利用料(4ギガ)が1,780円と格安です!
・春、夏、(次はいつ?)に、SIM発行手数料を1円や2円にするキャンペーンをやっています
・6ギガに増やしても2,280円です
・4枚目のSIM追加は200円です
・今息子は一人、別のプロバイダーなのですが、そっちの縛りが終われば引っ越し完了です
 








この記事へのコメント

  • シェルティーのパパ

    お邪魔いたします。
    貴ブログの記事(ソフバン標準SIMのカット!)は圧巻ですね。
    (私の事情)
    ●実は、私も貴方様と似た事情(ソフバン・ガラケーの「ホワイト家族」・「自宅BBフォンとの無料通話」・「タダトモ」等の特典が手放せない。ガラケーは通話・SMSオンリー、格安のDSDSスマホ「g07」を買って「2本持ち」から脱却したい)があります。
    ●最大の問題は、ガラケーのSIM(銀シム)が標準SIMであるため、SIMのサイズ変更手続をソフバンに申請するか、それとも失敗覚悟でSIMカットに挑戦するかです。
    ●ソフバンショップに相談したら、「変更手数料¥3000が掛かります」、「新たなSIMの挿入機器がスマホになる以上、現契約のホワイトプラン(¥934)に、オプションとして「S!ベーシック(¥300)」、「パケットオプション(最低でも¥390)を付けないと受理できない」とのこと。<私は通話・SMSオンリーでキャリアメール・WEBは一切しませんので、現契約では、S!やパケットオプションは付けていません>
    ●ソフバンショップの話どおりだと、何ともバカらしい出費増ですし、うっかりスマホに新しいSIMを挿したら、アプリの挙動やスマホの設定如何では、とんでもないパケット料が発生しそうです。
    因みに、私の現契約では「あんしん保証(¥475)」(ガラケー故障に備えて)を付けているので、早くガラケーから脱却して、この保証オプションを解約したい事情もあります。

    (SIMカットの覚悟)
    そんな訳で、貴方様のブログに勇気付けられて、SIMカット(標準をマイクロサイズへ)に挑戦する覚悟を固めました。
    お使いのカッターは高評価のようですから購入し、まずはお蔵入のソフバン標準SIMで「試し切り」をしようと思っています。(何れ、妻や息子も私と同様な事情になりそうですし・・。)

    (照会事項)
    以下、照会で恐縮ですが、コメント下されば幸いです。
    ●ネット情報に「ソフバンの銀シムは厚みがあって、カットのほか、少し厚みを(紙やすりで?)削る必要あり」があったのですが、如何でしたか?
    ●貴方様のスマホ(Moto G4 Plus)では、ソフバン網での通話は従前どおりOKと思いますが、「SMSメール」はどのように発信するのでしょうか?
    ●上記のソフバン特典(タダトモほか)は従前どおりでしょうか?
    ●ソフバンから、想定外のパケット代請求などありましたでしょうか?
    ●その他お気づきのことなど。
    2017年02月12日 04:22
  • Jeannie

    シェルティーのパパさん

    コメント拝見いたしました。
    シムカット後、購入したカッターに付属の紙やすりで少し撫でて、バリを取る程度で、簡単に入りました。
    試しにガラケーに枠と一緒に戻したら、ガラケーで使えましたよ。
    SIMサイズ変更を頼んだら当然費用を取られるでしょうから、思い切ってカットするのがお勧めですよ。
    私は980円のホワイトプランだけで使っています。
    当初S!ベーシックを付けたままで MOTO G4 plusにソフトバンクのSIMを刺してましたので、勝手にデータ通信したら怖いなぁ~と思ってましたが、そういう勝手な接続は結局発生しませんでした。
    ソフバンからの想定外の請求に見舞われる事もありません。
    電話はソフトバンク同士の相手にはソフトバンクから掛けますが、それ以外には楽天でんわを使うようになり、普通の電話も更に通話料は下げられます。
    ”メッセンジャー”というソフトが端末に入っていて、SMSはそのソフトで使います。利用するSIMをソフトバンクに設定します。
    SMSの送信相手別にメッセージのやり取りを保管します(ラインやハングアウトの要領です)ので、ガラケーでのメール管理より、読みやすいし相手別なので管理しやすいです。

    Moto G4 Plusはお勧めです。
    今はもっと安いDSDS機種も出ていているようなので、他の選択肢もあると思います。
    キャリア通信会社にスマホの通信費や高額な端末代を払わなくて良くて、気分がいいですよ。
    我が家の携帯&スマホの通信費、家族4人で4千円です。
    子供達は今はデータSIMだけなので、余計に安いのですけどね。
    闇での機種変更、頑張ってください!!
    2017年02月15日 13:03
  • シェルティーのパパ

    ブログ主 様

    懇切なコメント、ありがとうございます。
    とても参考になりました。

    お陰様で、「DSDS端末購入」・「SIMカット」の決心ができました。
    2017年02月16日 15:03
  • シェルティーのパパ

    Jeannie 様

    以下、ご報告のみですが、懇切なご教示誠にありがとうございました。
    ●NTTCOMストアがネット販売しているDSDS機能付スマホ(「g07」)は現在最安(税別で¥19,800)なので、コレを買いました。<OCNシムの「セット販売」ですが、強制性は無く、OCNとのシム契約を無償で辞退することも可能です>
    ●コレを購入する前に、ソフバンショップで再確認したら、「標準シムをマイクロ又はナノに変換することは請けるが、その場合、スマホへの機種変更扱いとなるので、変換手数料のほかに、ホワイトプランにパケット契約等々を付加して貰うことになる。月々3,000円くらいの料金UPになるがそれでも良いか。」との冷徹なご宣告でした。
    <何て商売上手なソフバンさんでしょう!>

    ●料金大幅UPのご宣告を受けて、猛然と「SIMカット」の決意を固めた私でした。<因みに、私はハサミとヤスリだけでSIMカットしてしまいました>

    ●ホワイトプラン(基本契約)のみで、「S!」も付けておらず通話・SMS専用だったのですが、今まで重い負担感があった安心パック(故障保険的なもの)は即解約しました。(ガラケー本体はお蔵入りなんですから・・・。)

    ●現在のところ、g07で通話・SMS(ソフバンのホワイトプラン)は快適に使えています。
    予め、ガラケーのSIMに、ガラケー本体内の電話帳をコピーしておいたお陰で、g07でもそのまま(勿論、画面上の仕様は相違しますが)電話帳が現れました。

    ●将来、ガラケー用の3G波が停波になる日が来るでしょうが、そうなったら、2つのスロットで4G波の同時稼動が出来ないg07は買い替えることになるでしょう。<3G波の「ご長寿」を祈るばかりです。>
    2017年02月20日 00:43
  • Jeannie

    シェルティーのパパさん

    コメントありがとうございます。
    『g07』は安くて良さそうなDSDS SIMフリー端末ですね。
    会社のスマホがあるからいまだにガラケー族の夫や妹には、Moto G4plusよりもg07を勧めたいと思っています。

    はさみでSIMカットしてしまわれたなんて、器用で羨ましいです!
    いつの日か、ソフトバンクの契約を解除する時、この切断したSIMを返却する事になるので、その際の言い訳だけは少々憂鬱です。

    go7の使い心地など、またHPでご紹介くださることを期待しています!

    2017年02月26日 12:58
  • シェルティーのパパ

    Jeannie 様

    以下、少々過激なコメントをお許し頂ければ幸いです。

    ●今般の「SIMカット」はお互いに止むに止まれぬ事情があってのことですが、約款上の疑義は残るでしょう。
    でも、将来、ガラケーSIMの返却時に、ソフバンが私を相手に賠償請求してくる可能性は皆無と考えています。
    何故なら、契約・料金面ではガラケー使用時と全く変わらず、自己調達したスマホで、従前どおり「通話とSMS」しか使っていないのですから、ソフバンに実体的な「損害」は発生していません。損害発生の立証が出来ない以上、「賠償請求なんてあり得ない!」と思っています。
    むしろ、コチラの事情(標準SIMをマイクロSIMに交換したい)に付け込んで、「SIM交換には応じるが、それをスマホに挿す以上、(高額な)パケット料金オプションが必須になる」と仰るソフバンに憤りを感じます。
    こちらが何度も「通話・SMSしか使わない(パケットオプションは要らない)」と主張しても聴く耳持たずの感でした。
    因みに、DOCOMOは、スマホを自己調達しようとするガラケーユーザーに対して、ここまで過酷ではないようです。

    ●ソフバンについて言えば、最近は噴飯するすることが増えています。
    最近話題の件(『ソフトバンク網のMVNOがヤマダ電機から登場、iPhone向け』)についてです。
    http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=20680322/#tab
    ・これは待ちわびていたニュースなのですが、プレスリリースによれば、何と「当初はiPhone向けのSIMカード(nanoSIM、データ専用)のみ用意される」とあり、ガッカリしています。
    ・実は、2015年4月、子供用にソフバンで「i-Phone6」を買ってパケ放題を契約したのですが、高料金に悩んでいました。この機種だと「SIMロック解除」は受付けて貰えず、現状では、当機種のままで格安SIM会社に乗り換えることは出来ません。(子供にとっては、当「i-Phone6」は愛機ですので、手放せない事情があります)
    ・このニュースを聞き、「ようやく、当機種のままで、ソフバン携帯網を使う格安SIM業者に乗り換えられる!」と喜んだのも束の間、「売るのは(当面)データSIMだけ」って、アンマリだと思います。
    ・昨年来、「日本通信(ソフトバンク網を使うMVNOの卸元)とソフバンとの激烈な闘争」を期待を込めて眺めていた者としては、ソフバンの「出し惜しみ」としか思えません。
    ・ソフバンは速やかに、潔く、「音声付ナノSIMの販売」、(そして当然ながら)、ナンバーポータリングを容認すべきではないでしょうか。
    2017年03月02日 14:42

この記事へのトラックバック

忍者アナライズ