素人写真がストックフォトで売れるのか試してみました

『素人写真でも、ネットで画像が売れるネット副業』みたいな記事が目に留まりました。
本当かな??と試してみたくなりました。
海外に住んでいた時期の、旅行で撮り貯めた未整理の写真が多数あります。

はっきり言って、写真撮るセンスはないです。カメラもコンパクトカメラ。

売ろうと思って撮った写真じゃない手持ちが、果たして副業になるのか?
興味があったので、何社か選んで審査用の画像を提出しました。



画像を審査して貰う為に必要な事


・『販売サイトに掲載する審査を受けるため』に、予め個人情報の提出が必要です。

・アカウントを作成し、免許書などの写真入りIDを撮影もしくはスキャンして、WEB提出しないと審査を受けられません

・適当に選んで提出した画像が、2か所で全部審査で落ちました
 審査に全く通らないと、そのサイトに免許書の画像を送った事が心に引っかかります



素人写真でも”簡単に売れる”なんて信じない方がいい



ネットで紹介されていた3か所にアカウントを作って、概ね違う画像を10枚程度ずつ提出してみました。
写真撮影が特別上手な方、良いカメラを使っておられる方なら状況は違うと思いますが、素人のデジカメ撮影の写真を提出したところ、2か所のサイトでは全部落ち。
photolibraryのみ8枚の内4枚が審査を通りました。


全部落ちはこの2か所



PIXTA
・5400ピクセル以下でも提出は可能でしたが、結局審査を通りませんでした

●サイトを閲覧していて知ったPIXTAの良いところ 『無料チラシデザインテンプレート』が提供されています

>>招待リンク(ココ)から会員登録すると、会員登録完了時に540円分のクーポンを獲得できます
クーポンは画像を購入する際に利用できます。


fotolia (Adobe Stock)も全部落ち

作品に過度な加工修正とノイズが多すぎることがレビュー時にわかったため、コレクションに追加することができませんでした
という評価でした
何も修正はしていませんので、撮影が下手なんだと理解しました

この2社は、数日から1週間で審査が終わって全部落ちが確定しました。



photolibraryは4枚審査を通過


・この会社は、販売の価格を自分で決められます
・最小のSサイズを、最低価格の108円で出しました
・画質やピントが悪かったと思われる数枚は、数日で不可評価が出ました
・審査結果が出るまで2週間以上かかりました
・縦+横で6800ピクセル以上必要です(上の2社はそれ以下でもOKです) 
・少し変わった写真の場合、画質が劣っていてもSとMサイズのみOKとして通りました



売れるかどうかは先の事



今回、新たに撮影はせずに手持ちから提出した結果、1社で4枚が審査を通過して、売りに出されています。

似たような写真が多数ある中、自分の写真が誰かの目に留まって買ってもらえるのなんて、いつの事やら。 永遠にないかもしれません。
簡単に、素人でも売れると、キャッチーな記事が目に入りましたが、副業にするのはかなり難しいなぁ~というの正直な感想です。





全落ちサイトに再挑戦した結果



PIXTAに7枚の画像を申請しました。
photolibraryで掲載OKとなった4枚も含んで申請したのですが、photolibraryでOKだった写真は全部落ち。
別の写真1枚だけがPIXTAの審査を通り販売中となりました。

fotolia (Adobe Stock)へは、他で通った写真全部を申請しましたが、一切合格させてもらえませんでした。
私にとって一番厳しいストックフォトは、このAdobe Stockでした。



まとめ 手持ちを適当に送っても難しい



しっかりした気構え無しに、まぐれで綺麗に撮影出来た写真だけで挑戦するのは、非常に難しいと感じました。
質のいい写真をしっかり撮って、ストックフォトで売ろう!と思って撮影しないと、現実には難しく、素人の副業が簡単に出来るとは思いませんでした。

最大画素数で撮影してあっても、古いデジカメで撮影した写真などは既定の大きさに達していない画像もあります。

また、数枚程度掲載されいるだけの現在、自分の画像をほとんど誰にも閲覧されない状態です。
これでは売れるはずはありません。また、風景の写真は相当難しいだろうと感じました。





この記事へのコメント

忍者アナライズ