RPG型オンライン英語教材『英剣伝説~英語でRPG~』

一見、変なゲームの広告ですが、『英剣伝説は、RPGをプレイするだけで自然と包括的な英語力が身につく』がキャッチコピーの、まじめな英語学習アイデアの話です。

兄弟も親子も、一つのアカウントでスカイプ英会話レッスンを受けられる、こどもオンライン英会話なら元祖 リップルキッズパーク が開発した
”新感覚RPG英語教材”との事です。


今の子供たちの状態は、英語は頑張りたいけど、あまりにテストの点が悪いので、嫌いになりそうです。
勉強だけでは簡単に解けない難しい出題をする学校のテストに対応できなくて、常に学習方法を探しています。
私は英語専攻じゃないし、いい加減な万年中級レベルなので、今の中学生の教科書の内容を見て、本当に難しいと思います。
今大学生のお子さんも持つ、高校の数学講師の友人は、8年前、4年前の教科書を捨てずに持っていて、今のとの比較を話してましたが、年々難しくなっているそうです。

自分に当てはめて考えると、中2位から学校だけでは落ちこぼれそうになり、英語だけの私塾へ行きました。
日本語を見ながら教科書の英語を言えるように、自分でノートに日本語訳を書いて、毎週先生の前で言えるようにまでしていたら、だいたい8割以上はテストの点数が取れました。
ところが、今の教科書の内容はかなり進みが早くて、文章も複雑なので、上の様な半暗唱だけではちょっと対応が難しい感じです。

今小学生ぐらいのお子さんをお持ちのお母さんで、子供に英語学習をさせようと思っておられる方は、中学の教科書を入手したり、書店で教科書ガイドみたいな書籍を一度見る事をお勧めします。
我が家は小学生時代に会話主体の英語学習をしていましたが、その程度では全然ダメでした。
暇な小学生時代にもっと他のやり方があったのでは?と思ったりします。
頭が賢くて、ガンガン暗記できるタイプの子は、中学生からスタートで平気だと思うのです。
私がそうなのですが、会話に使う引き出しの出し入れを速くして、ある程度英語を英語で考えられるようにならないと、全然頭に入らないタイプの人もいます。
今の中学生に要求されているレベルは、個人的にはあり得ないほど難しいと思います。
最初の1~2年で、読解も、英作もリスニングもと、かなり多い量を45分のテストで解く事を要求されます。

地元の公立中学校ですが、小学生から書いたり読んだりの学習をしていないと、その量を余裕を持って解けないのです。
私は小学生の英語学習に賛成している訳じゃなく、大事な1年2年生の英語の学習は、もう少しゆっくり丁寧にやって貰うか、習熟度別のクラスにしてくれたらいいと思います。

英語圏からの帰国子女でも、90点が簡単に取れないようなテストでギューギューやられて、興味を持って英語の学習をしている中学生の、学習意欲が萎えてしまうのが本当に残念です。

英語は息の長い学習なので、今の点数や成績が全てではありませんが、落ちこぼれている訳にはいかないので、何とかコツをつかんで頑張って欲しいと思っています。

RPG英語教材「英剣伝説」 の話から脱線しましたが、子どもが興味ありそうなら、やらせてみるつもりです。


RPG英語教材「英剣伝説」の特徴


●オンライン上で最初から最後まで無料会員登録でプレイすることが可能です
●「日本e-Learning大賞2015」で「EdTech賞」を受賞しました


◆学習範囲◆


英語の知識が『ゼロの状態』~『中学卒業レベル』まで対応
文法;中学卒業レベルまで
単語;1697語収録


最適な利用者


小学生(小3位くらい)~中学生(3年生くらいまで)の英語初学者
中学英語からやり直したい大人の方

▼▼話す英語を学習するなら、スカイプ英会話がお勧めです

>>レッスンチケット20枚プレゼント中! 6/28まで

我が家は最初に7回の無料レッスンを受けられる事が魅力で、ポッケ☆英会話クラブで1カウントで二人が利用しています。
ここも、兄弟や親子が1カウントで利用でき、個人の予約管理などは別々に出来るので選びました
16回5,200円は安いです 初心者の子どもには問題ない!って思う  
親子でOKって言われても、私は遠慮したい...教師の英語レベル的に




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

忍者アナライズ